フライヤー印刷は広告・宣伝向け!依頼するメリットとは

フライヤーを作るには

プリント

どこにお願いするべきか

イベントや、店のチラシなど、突然フライヤー印刷が必要となった時、あなたならどうしますか。パソコンを使ったり、手書きしたりして、コピー機で印刷ができますので、数枚から数十枚なら自分でなんとかなるかもしれません。ただし、集客を考えた場合は、数百枚の印刷が必要になるのではないでしょうか。また、自分で作ることができるデザインには、よほど慣れていない限り、簡単ではないでしょう。また、多くのフライヤー印刷が必要な場合、コピー機で作成すると割高になります。コピー機では、片面印刷で10円程かかりますが、部数が多くなっても同じ料金です。また、カラーコピーにした場合は大幅に料金がかかってしまいます。一枚に50円から100円程度かかってしまうこともあるでしょう。自宅のプリンターで印刷することも可能ですが、その場合は思いの外インク代金がかかってしまいます。一番良い方法は、部数を多く刷れば刷るほど割安になる、印刷会社にフライヤー印刷をお願いする方法でしょう。ただし、印刷会社でお願いする場合、専用のソフトで印刷データを作成する必要があります。もし、あなたが専用のソフトを使って、決まった形式でデータを作成できると良いのですが、それが難しいという場合は、プロに任せましょう。プロのデザイナーにお願いすることでデザイン料金はかかってしまいますが、イメージ必要な情報だけでなく、イメージに合う印象の良いデザインに仕上げることができるでしょうし、印刷会社で印刷することで、色もよく、より仕上がりの良いフライヤー印刷となること請け合いです。

オススメ記事

広告

小さな紙で効果的な宣伝

フライヤーは、通常のチラシよりもさらに小さなサイズの印刷物です。折りたたまずにそのまま配ったり持ち運んだりしやすいという特徴があります。フライヤー印刷を専門に扱っている業者も多いので、手軽に制作することができます。

色見本

企業から個人まで対応可能

企業の情報を顧客や会社に対してプロモーションする方法としてフライヤー印刷があり、カラーで鮮明なプロの印刷物の発注が可能です。しかし企業の情報を可能な限り限定し、必要な情報をまとめた上で発注する様にすると良いでしょう。

Copyright© 2017 フライヤー印刷は広告・宣伝向け!依頼するメリットとは All Rights Reserved.