フライヤー印刷は広告・宣伝向け!依頼するメリットとは

小さな紙で効果的な宣伝

広告

持ち運びに便利

新しくお店をオープンしたので近隣の人たちに宣伝したい、イベントを開催するので告知を行いたい、そんな場合によく利用されるのが、広告チラシです。低コストで制作することができ、店先や街角、新聞折り込みなどさまざまな形で配布できるので便利です。ところでこのチラシですが、一般に「チラシ」と呼ばれているものの他にも別の種類があります。それがフライヤーです。フライヤーとはチラシよりもさらに小さなサイズの配布物です。厳密な定義があるわけではありませんが、通常のチラシが小さくてもA6・B6サイズぐらいまでであるのに対し、フライヤーはA7・B7サイズまであります。また、フライヤーは通常のチラシに比べると厚手の紙を使用することが多いという特徴も持っています。これは、サイズの小ささゆえに折りたたまずにそのまま配布したり持ち運んだりするのに適しているからです。フライヤーを制作するには、フライヤー印刷を専門に手がけている業者に依頼するのが賢明です。チラシ印刷とフライヤー印刷とでは、印刷方式そのものに違いがあるわけではありません。ただ、専門業者の方が用紙のバリエーションが豊富だったり、さまざまな特殊加工に対応していたりするので、個性的なフライヤー印刷にこだわりたい場合は専門業者が向いています。現在、主流となっているフライヤー印刷の方式は、オフセット印刷とオンデマンド印刷の2種類です。前者は大ロット、後者は小ロットのフライヤー作りにそれぞれ適しています。印刷の仕上がりも微妙に異なるので、発注する際はサンプルを取り寄せて見比べてみるのが得策です。

オススメ記事

広告

小さな紙で効果的な宣伝

フライヤーは、通常のチラシよりもさらに小さなサイズの印刷物です。折りたたまずにそのまま配ったり持ち運んだりしやすいという特徴があります。フライヤー印刷を専門に扱っている業者も多いので、手軽に制作することができます。

色見本

企業から個人まで対応可能

企業の情報を顧客や会社に対してプロモーションする方法としてフライヤー印刷があり、カラーで鮮明なプロの印刷物の発注が可能です。しかし企業の情報を可能な限り限定し、必要な情報をまとめた上で発注する様にすると良いでしょう。

Copyright© 2017 フライヤー印刷は広告・宣伝向け!依頼するメリットとは All Rights Reserved.