フライヤー印刷は広告・宣伝向け!依頼するメリットとは

手軽さが魅力の広告ツール

印刷

持ち運びも壁貼りも簡単

チラシは手軽な広告宣伝ツールとして根強い人気がありますが、中でも最近需要が多いのがフライヤーと呼ばれる小型のチラシです。フライヤーは通常のチラシに比べると半分から3分の1程度のサイズでできた印刷物です。折りたたまずにそのままバッグに入るサイズ、というのがおおよその目安です。紙も通常のチラシよりも厚手のものが好まれます。もともとフライヤーは欧米でアートや音楽などのイベント告知用によく使われてきました。そのため、わが国でも若者を中心に人気が高く、カフェのレジ横に置かれたり、ライブハウスの壁に何十枚も並べて貼られたりして人目を引いています。フライヤー印刷は多くの印刷業者が取り扱っています。インターネットのホームページから見積もりを依頼できる業者も多いので、発注する際はできるだけ複数の業者から見積もりを取り、価格を見比べてから業者を選ぶようにします。フライヤー印刷業者を選ぶ際、価格の他にもう1つ大事なことがあります。それは、デザインを誰が行うかということです。ネット発注型のフライヤー印刷の場合、たいていは依頼者自らがデザイン原稿を作成し、デジタルデータにして入稿します。ただしデザインに自信がない場合や画像ファイルの扱いに慣れていない場合は、原稿作成をフライヤー印刷業者側に依頼することになります。そのため、満足できるフライヤーを作成するには、その業者が得意とするデザインの傾向や過去の制作実績等を問い合わせ、自分たちのテイストと合うかどうかをチェックすることが重要です。

オススメ記事

広告

小さな紙で効果的な宣伝

フライヤーは、通常のチラシよりもさらに小さなサイズの印刷物です。折りたたまずにそのまま配ったり持ち運んだりしやすいという特徴があります。フライヤー印刷を専門に扱っている業者も多いので、手軽に制作することができます。

色見本

企業から個人まで対応可能

企業の情報を顧客や会社に対してプロモーションする方法としてフライヤー印刷があり、カラーで鮮明なプロの印刷物の発注が可能です。しかし企業の情報を可能な限り限定し、必要な情報をまとめた上で発注する様にすると良いでしょう。

Copyright© 2017 フライヤー印刷は広告・宣伝向け!依頼するメリットとは All Rights Reserved.